カニ激安

カニ激安お支払&配送返品交換SHOP紹介FAQサポートカート

カニ激安

このページは「カニ 食べ方(むきかたのコツ) 」の情報コンテンツです。
カニ激安 > カニ 食べ方(むきかたのコツ)

豆知識

カニ 食べ方(むきかたのコツ)

とってもおいしいカニですが、堅い甲羅でなかなか食べづらいですね。ましてや、1匹丸々となると蟹のさばく方法からわからなくておっかなびっくり。でも、ちょっとした食べ方・調理のコツを知っておくことで上手にカニが食べられます!かにの身がボロボロにならずにポロッと取れたら最高ですよね!

準備するもの

【キッチンばさみ】カニの甲羅はとっても硬いので、バチンバチンと切れるキッチンばさみは必須ですね

【軍手】タラバ蟹のように身がゴツゴツしていたり、毛ガニは硬い毛があったりと、慣れない人が素手で蟹をさばくと怪我をしてしまいますので軍手もご用意をお願いします。

【新聞紙】カニをさばいているとお汁がでたり身が飛んだりして、キッチンのまな板の上では場所が足りないこともあります。机の上に新聞紙を敷いてさばけば後片付けも楽にできるますのでお勧めです。

カニを解体する

カニの脚を切り離してふんどしをはがす

まずは、かにの脚の付け根からキッチンばさみでバチバチと切り離します。カニ爪も脚もすべて切り離してください。このままでは脚が筒状の硬い殻で覆われていますので、付け根側からハサミを入れて殻を半分にカットします。この時、カニ脚の裏側、白い部分の方がカットしやすいので2本ほど筋が入るようにカットすれば、殻がはがしやすくておいしそうな蟹身とご対面できますよ!

ふんどしを取って甲羅をはがす

次は甲羅をはがして蟹みそを取ります。まずは蟹のお腹側を上に向けて目とは反対側の三角形の部分、「ふんどし」と呼ばれる部分をはがします。ふんどしをはがしたらその穴に親指をつっこんでカニのお腹をガッチリと持ちます。反対の手で背中の甲羅をはがしますので穴の部分から甲羅をつまんでグッとはがしてください。この時、かには必ず背中の甲羅を下にした状態ではがしてください。はがしにくいからと手元に持って来たり縦にしてはがすと、大切な蟹みそがこぼれてしまいます!

蟹みそを映して、ガニを取り除く

お腹の部分に蟹みそが残っていたら、甲羅の方へ移しておきましょう。お腹の方に脚の付け根がくっついていますが、そこにビラビラとしたものが沢山あると思います。これは「ガニ」といって食べられる場所ではありませんので、ハサミで全て取り除いてください。この時、一緒にカニの目や口なども取り除いておきましょう。

胴体を半分にして開く

かにの胴体を食べやすくするために、ハサミでふんどしの方から頭の方へ半分にカットします。ただ、これだけではさすがにまだ食べやすくありませんので、蟹の胴体を表と裏で半分はがします。カニの脚、又になっている部分に切込みを入れるため、脚の付け根にハサミを入れてカットしていってください。すべてカットできたら、手でグッと開きましょう。

カニを食べる時のポイント

脚の節を折って筋を出す

自分でさばいたカニであれば、食べやすいように脚の殻を取っていらっしゃると思いますが、スーパーなどで市販されている蟹の脚は表面の殻が削られてカニ身が見えているものが多いですね。これをわざわざ食べやすいように殻を取らずとも、蟹を茹でた(焼いた)あとに節を折ってやると、カニの筋がスッと抜けると思います。こうすることでカニ身を殻から外しやすく、食べやすくなりますので是非お試しを!

タラバ蟹だけの食べ方

タラバガニほど脚が太く大きい蟹ですと、節に切り目を入れてやるだけでスッと身が抜けますよ!ただし、切り目を入れる時に身や筋まで一緒に切ってしまうとうまく抜けませんので、蟹の殻だけ切り目を入れるようにしてください。

カニ激安 激安通販